当館について

旧打狗駅故事館が現在建つこの場所は、旧台湾鉄道高雄港駅の跡地であり、かつ高雄駅の前身である。1900年11月の縦貫鉄道南部線開通時、「臨時打狗停車場」が本館北側800メートルの場所に開業された。その当時この辺りはラグーンや潮間帯であり、総督府鉄道部はこの平坦な海辺に砂を運び込んで埋立て港を築いた。1908年台湾縦貫鉄道が全面通行したのち、まさにその最初の駅がこの場所に設けられ、「停車場」ではなく「驛」と呼ばれるようになり、1920年には地名であった「打狗」から「高雄」に名称変更された。1941年の、大港庄に「高雄旅客驛」を設け旅客と貨物の輸送を分けるという新しい都市計画に合わせ、縦貫線旅客列車は現在の高雄駅の場所に移転され、もともとの旧高雄駅は高雄港駅に名称変更し、貨物輸送業務に専念することになった。過去100年間、高雄港駅は台湾全土で最も大きな貨物輸送駅であり、昼夜を問わず24時間体制で数百もの列車が行き来し、台湾の経済発展の重要な役割を担ってきた。しかしながら、道路網による貨物輸送が利便性を増すにつれ、鉄道での貨物輸送は打撃を受け、20世紀末には輸送貨物量は大幅に減少。2008年の高雄市中心部線路地下化工事に伴い、高雄港駅はその役目を終えた。
高雄港駅は台湾で最も保存状態の良い貨物駅であり、所有する貴重な鉄道文化遺産も数多い。2010年10月、高雄市政府文化局の支援により新たに打狗鉄道故事館としてスタートを切った本館は、1960年代から70年代の鉄道貨物輸送全盛期の雰囲気に満ちており、実物資料の展示と相まって、訪れる人々を貴重な歴史旅行の体験に誘う。なお2017年には、「旧打狗駅故事館」に名称変更。