北信号扱所(信号操作塔)

信号扱所は、まさに高雄港駅の列車運行制御の中枢を担うものである。もともとは南北両方の信号扱所があったが、南棟がMRT建設工事に伴い撤去されたため、現在は北棟のみを歴史建築物として保護している。また、この北棟は台湾で唯一完全な形で保存されている電気連動装置式信号扱所である。

※修復中のため、施設開放は不定期